即座に相手の名前を言えるのはいいこと

HOME > すぐに自分が認められた感覚に

すぐに自分が認められた感覚に

実際に再会したときに名前を言えること、さらには電話だけでもそれを言い当てられると、そのことで気分が悪いはずはありません。

これは非常に親しみをもって接してくれている証拠でもあり、当然のことながら、こちらも相手に対して同じように親しみを覚えるものである。

もちろん、最近ではスマホが普及しているので、誰が電話をかけてきているのか分りますが、それでも声まで覚えていてくれないこともあり、

すぐにコチラの名前を言ってもらえるだけでも、相手は自分と積極的にコミュニケーションを取りたがっているのが分ります。

このような状態になることで、できるだけ親しくなりたいという気持ちがひしひしと伝わってくるというものです。

さらに、思いがけなく出会った時には、通り一遍のこんにちはという挨拶だけでは終わらせずに、真っ先に相手の名前を読んでみると良いでしょう。

相手が誰であるかすぐに分るというのは、その相手に対してかなりの関心を抱いているからでしょう。

PAGE TOP